« 大阪クラブ競技会 | トップページ | 4月も終わり・・・(^_^;) »

2011年3月18日 (金)

東北関東大震災

発生から1週間が経ちました。

私の実家が青森なので、たくさんの方々から「大丈夫だった?」と
心配と励ましの言葉を掛けて頂きました。

一番びっくりしたのは、いつも行くスーパーのレジの方が
「実家青森でしょう?大丈夫だった?」と声をかけてくれたこと。(笑)
小さな町なので、私は他の方のことをよく知らなくても
周りのみんなは私のことを知っているんですね~。



幸い、実家は地震の揺れはそれほどでもなく
地震発生後の停電も丸1日で復旧し、
通常通りの生活をしているそうです。

寒冷地なので灯油があるか心配だったのですが、
いつも配達してくれるところが「タンク満タンにはできないけど・・・」
と、90L入れて行ってくれたとのこと。
避難所暮らしの方には申し訳ないくらい灯油もあるので
しばらくは大丈夫そうです。


でも、生鮮食料品や日配品の品薄が日を追うごとに深刻になり
牛乳やヨーグルトも手に入らなくなったとのこと。
東北地方の酪農家は、乳業会社の工場が稼働していないので
搾乳した生乳を廃棄せざるをえないところも多いんだとか・・・・。



日々の生活を平穏に暮らせている自分がなんて幸せなんだろう
「普通」ということのありがたさを改めて感じています。



この混乱に乗じて買い占めなどをしている方もいると聞きますが
今すぐに必要でないものは余分に買い込むことはせずに
少しでも被災地の方々に物資が行き届くことを願っています。


これまでも大きな震災や戦争からの復興を遂げてきた日本。
今回も時間はかかっても必ず立ち上がれると信じています。

|

« 大阪クラブ競技会 | トップページ | 4月も終わり・・・(^_^;) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪クラブ競技会 | トップページ | 4月も終わり・・・(^_^;) »